”Flow Story” ターンアラウンドリモート制作のための、強力な編集アプリケーション


Flow Storyは、インターネット接続を介して、オンプレミスに保存されたメディアへのリモートで安全なアクセスを直接提供します。EditShareストレージ、MAMおよびビデオサーバーソリューションと完全に統合されたFlow Storyは、ニュースやスポーツなどの高速ターンアラウンド環境を対象としており、ジャーナリストや制作チームがコンテンツをパッケージングして仕上げ、配信、または再生する機能を提供します。


 


 [ Flow Story 機能ハイライト ]


■ 様々な映像フォーマットをサポート

ProRes、DNxHD、AVC-Intra、XDCAMなどのプロフェッショナルコーデックから、RED R3D、XAVC、Cinema DNG、DPXなどの4Kカメラコーデックに至るまで、様々な映像フォーマットをサポート。FlowDatabase上で自動生成された低解像度プロキシファイルを使用するだけでなく、対応する高解像度フォーマットをローカルにインポート、エクスポートすることも可能、かつオンザフライに高解像度とプロキシを切り替えることも可能です。


■ Voice Over 機能

開始したい位置を選択し、レコードを押すと簡単にボイスオーバーすることが可能です。Flow Storyは、接続されているオーディオデバイスを自動検出し有効にします。


■ リアルタイムコラボレーション

Editshare FlowDatabaseに接続すると、Flow Storyは、Flow BrowseやAirFlowなどの他のFlowユーザーとリアルタイムでコラボレーションします。プロジェクト、クリップ、シーケンス、マーカー、メタデータはすべてリアルタイムで更新および同期され、クリエイティブなコラボレーションの可能性が無限に広がります。


■ 様々なノンリニアアプリケーションとの連携

AAFとXMLを通じてAvid MediaComposer®、AdobePremiere®、Da VinciResolve®、AvidProTools®などの他のNLE(およびDAW)とラウンドトリップします。加えて、レビューと承認の機能により新しいワークフローを提供します。Flow Storyは、編集者とコラボレーションが必要なすべての人にとってのクリエイティブハブになり、ポストプロダクションでのオペレーションを迅速にスケールアップすることが可能です。


■ オフライン作業

Flow Storyはリモート編集を念頭にしたプロダクトです。コンテンツへのアクセスは汎用インターネット接続だけですが、通信状況が悪い場合は、スタンドアロンモードで動作し、既に作業しているFlowプロジェクトにアクセスしたり、ローカルプロジェクトで作業することが可能です。インターネット接続が再確立されると、Flow Projectへの変更が同期され、他のユーザーによって加えられた変更も表示が可能です。





 

AirFlow 製品ビデオ (日本語)


    [ AirFlow 主要機能 ]


  • 高速で直感的なユーザーインターフェイス
  • リアルタイムのリモート編集のためのプロキシワークフロー
  • 4K(高解像度およびプロキシ)を含む多種なフォーマットへのサポート
  • タイムラインに直接ボイスオーバー録音機能
  • XDCAM(Flow Ingestを含む)を含む、あらゆる形式のEdit While Capture
  • 他のFlowユーザーとのリアルタイムのコラボレーション
  • Avid Media ComposerおよびAdobe Premiereシーケンスのラウンドトリップ
  • 複数のFlowデータベース接続のサポート
  • 確認と承認のコラボレーションワークフローの確立
  • カラー、タイトル、DVEなどの高度なリアルタイムエフェクト
  • 完全なスタンドアロン操作用のローカルプロジェクト
関連情報







【関連製品】 

EditShare EFS ストレージ